FC2ブログ

クラッシックカーフェスティバル

こんにちは。工務の久保です。


早いものでもう11月も下旬。寒いと感じる日も多くなってきましたね。

先日、私が住んでいる桐生市で開かれました、クラシックカーフェスティバルに行ってきました。

開催場所は、群馬大学工学部のキャンパス内。

全国の愛好者による毎年恒例のクラシックカーフェスティバルだそうです。

私もクラッシックカーが大好きで、このフェスティバルは毎年楽しみにしています。


今年は天気が良かったこともあり、夫婦で散歩を兼ねて徒歩で行ってみました。

片道約40分の道のりですが季節の変化を楽しみながら歩きました。


このクラシックカーフェスティバルに参加している車は、毎年出ている方も多いらしく

以前に見た記憶のある車も多かったように思いました。

関心するのはどの車も顔が写るくらいピカピカに磨きあげられていて、

オーナーの愛情がたっぷり感じられました。


私の年齢ですと、若いころに憧れていた名車も多く、わくわくして見ていました。

トヨタ2000GT007
トヨタ2000GT

ハコスカ2000GT-R 011
ハコスカ2000GT-R

フェアレディSR2000 010
フェアレディSR2000



このほかにも、ケンメリGT-R、初代コスモスポーツ、セリカリフトバック2000GT、等々!



本当にうっとりした時間でした。


又珍しい車では三丁目の夕日に出ていた乗用車や、
三丁目の夕日にでた車015


ミゼットの3輪トラック、ニッサンのボンネットバスなど懐かしい車も数多く展示されていました。


オーナーの方も全国各地からみえていたようで神戸・新潟習志野・八王子などさまざまでした。



その中で美しさと大きさとデザインで圧倒された1台がこちら!
キャデラック 004
1957年製のキャデラックエルドラードです。



保存状態も素晴らしく、今この車を街中で走らせたら注目の的になるだろうなーと想像してしまいました。

しかも偶然にも私と同い年!!なんだか嬉しくて興奮してしまいました。


もう1台は、トヨタ博物館から出展された1922年製のレーシングカーの
「サンビームグランプリ」という車でした。

レーシングカーと言うことで、現存するのは世界に4台ほどという中で、
走行可能なのはこの1台だけ!!という事で、
実際エンジンも始動するパフォーマンスもありぞくぞくしました。

私も車が好きなのですが、ここまで愛情を捧げる持ち主の方々は

本当に素晴らしいと尊敬してしまいます。

この様な素晴らしい車でドライブしてみたいものですね~。